医療事務ってどんな仕事?通信教育で取得出来るって本当?

医療事務の資格を通信で取得

医療事務にも種類がある?

医師・看護師の仕事はなんとなく分かるけれど、医療事務は正直どんな仕事なのか良く分かっていない。数年前から医療事務が人気の仕事としてスポットを浴びていますが、実際にどんな事をするのでしょうか?
基本的な仕事内容は病院やクリニックで患者さんの対応をしたり、医療費を計算したりします。保険者に診療報酬を請求するのも医療事務の仕事です。患者さんに近い距離にいる仕事なので、単に業務を遂行するのではなく患者さんへ優しい対応をする、または笑顔で対応すると言った接客スキルも必要です。
この仕事は資格取得が必要ですが、未経験者でもトライしやすい業種なので多くの方から人気を得ています。特に出産・育児のある女性からはブランクが開いていても、再開しやすい仕事とされているのも特徴の一つです。
冒頭で説明した様に接客がメインになるので思いやりや優しさも必要ですが、立ち直りの早さも重要です。病院やクリニックや治療だけでは無く、時には患者さんの命が関わっている事もあります。その状況にいつまでも引きずっていては仕事が回りませんし、ミスを招く可能性もあります。またチーム制で仕事をする事もあるので、ある程度のコミュニケーションスキルも必要です。もちろんパソコンを使って資料作成や管理をするので、最低限のITスキルも必要です。
一見難しそうな医療事務ですが、資格取得は通信教育でも出来ますし初心者にも優しい資格なので、これを機に取得してみましょう。

トップへ