医療事務ってどんな仕事?通信教育で取得出来るって本当?

>

医療事務の通信教育を受ける際の注意点

医療事務資格を取得する際の注意点

資格取得をして、いざ働く事になったがどうもイメージと違う。どんな仕事でもギャップはありますが、医療機関というフィルターがその判断を狂わせてしまうケースがあります。
別の項目でも説明しましたが、医療事務は患者さんとの距離が近く、病院の顔ともいえる存在です。その為、高い接遇スキルが求められますし時には理不尽なクレームを受ける場合もあります。そんな時にも表情や言葉使いを徹底しなければなりませんし、効率的に動かなければいけなかったりします。
カルテ作成や資料管理は迅速且つ、正確な仕事が求められるのでその点も注意が必要です。ある程度業務経験を積めば誰でもこなせますが、大変な仕事である事には変わりはありません。

通信教育で資格取得の注意点

いくら資格取得したからといって、本人が何の努力もせずに仕事が出来る訳ではありません。病院側の方針にも寄りますが、古い考えをしているところでは通信教育で取得した資格は軽んじて見られるケースもあります。
そうならない様に、通信教育を始める前に就職サポートをしてくれるのかをチェックしておく事をおすすめします。企業側がサポートしてくれるのでスムーズですし、冒頭の様な思いをする事もありません。
また医療事務は実務経験を重視される場合もありますので、未経験者だったとしても接客や受付をしていたのであれば、アピールしておくと良いです。せっかく取得した資格なのだから、うまくアピールしてより良い環境で楽しく働いて下さい。


この記事をシェアする

トップへ